*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/24日 現場訪問(猫の避妊)
今日は、いつもお手伝い下さっている
おでんこにゃん子の預かりママの りょうちゃんと
12時に待ち合わせて現場へ向かいました。

現場へ着き私達の姿を見ると
おやつが貰えると思い犬が一斉に吠えます。
りょうちゃんと犬猫のご飯の用意の準備をしていると
真っ赤な怪訝な顔をした飼い主さんが慌てて飛んできて
【犬にご飯を与えないで下さい!!】と言いました。

いきなりの事で何が何だか分からずに戸惑っていると
【犬にご飯をあげると犬が吠えてうるさいので、
もうこれから先も、ご飯は与えないで下さい!!やめて下さい!!】
そう言いながら、手に持っていた棒を振り回し、
側で吠えていたイボに向かって棒を振り回し
【うるさい!!】と怒りなら棒で追いかけ叩く真似をしていました。

可哀相にイボは、棒を振り回されて逃げ
半分腰が抜けた様な状態で怖がっているイボの姿を見ると
可哀相で、可哀相でたまらず胸が痛みましたし
本当に、この異常な姿に今までにないぐらい
見ていて腹が立ちました。
今日の飼い主さんは、怪訝な表情で顔を真っ赤にしていて
いつもの様に話が出来る状態ではありませんでしたが

【犬にご飯を与えない限り犬達は吠えるのをやめません。
だから、ご飯を食べさせてあげて下さい。】
と言って、缶詰を開け現場の犬猫のご飯の用意を勝手にすると
【犬が吠えたら、この棒を使って下さい。】
そう言いました。
この飼い主は、要するにご飯を与える時に
犬が吠えたら棒で叩く真似をして犬達を黙らせろ。
と言いたかったのでしょう。

腸が煮えくり返るぐらい頭にきましたが
我慢して黙って、りょうちゃんと2人でご飯の用意をしました。

前回、りょうちゃん夫妻に補修してもらった木箱。
そして支援金で購入したステンレス容器。
大雨の中、補修した木箱にご飯容器・木箱を綺麗に設置。
これで少しは現場の犬の水・ご飯も改善されるだろう。と
思っていたのですが、無駄。

CIMG0906-333.jpg

1匹に2つの容器を購入したにも関わらず1つしか容器はない。

水はない子はいる。
泥水に転がった容器。

CIMG0906-33.jpg

これ毎回の事です。
こんな汚い容器も洗わず、そのままご飯を与えています。
すごく汚いでしょ?
でも、これはまだマシな方です。

それでも、りょうちゃんと2人で汚れた犬達の容器を数えながら
拾い集め洗剤で綺麗に容器を洗い犬達にご飯と綺麗な水をを与えました。
CIMG0896.jpg

* 毎回こんな感じでご飯を与えています。

癒されたい。そんな気持ちでいっぱいです。
現場のワンの様子です。

CIMG0899-3.jpg

 棒で叩く素振りをされたイボ。
自分の飼っている動物なのに吠えるのが悪いと棒で追いかける。
罰が当たるのは、どっちかと言いたい。

CIMG0901-3.jpg

 かおるちゃん。
かおるちゃんも吠える度に怒られていました。
犬だって吠える。と私達に言いながら、
かおるちゃんに向って吠えるな。という飼い主。
早く何とかしてあげたい。

CIMG0900-3.jpg

 構ってもらうのが大好き。
鎖で動ける範囲で追いかけっこ。
とっても嬉しそうで、イボの側へいると自分の所にも来ないかな?
という感じで見ています。

CIMG0903-3.jpg

 ウッデー 
飼い主さんが怒っていたせいか?
小屋から中々、出てきませんでした。
この1週間、ずっとあんな環境で過ごしてきたのかと思うと
胸が痛みます。

CIMG0902-3.jpg

 くるた
前回、鎖の長さでご主人さんが文句を言っていましたが
短くされていませんでした。
良かったね♪ くるた♪

CIMG0905-3.jpg

 クロちゃん
クロちゃんの鎖の長さも補修したのですが短くされていました。
丁度、クロちゃんの前には車を止める場所なので
その時にケガをさせないように、、調節しているんだと思います。
今回は、ペンチもなかったので長くしませんでしたが、
次回、長さを調節して小屋の位置を考えたいと思います。



CIMG0906-3.jpg

 ランラン
ランランの前は大きな結構深い、水溜りが出来ていました。
歩く場所がないぐらいだったので
次回、土や石を買って行き何とかしたいと思っています。


CIMG0907-3.jpg

 マロン簿
ご飯を与えた後、綺麗なお水を持って木箱に入れると、
自分のご飯の容器にマーキングしていました。
食いしん坊なので隣人とラッシーとは喧嘩が絶えません^^

CIMG0908-3.jpg

 マロン簿
私の手臭い???


CIMG0909-3.jpg

 ラッシー
小屋から出て来ませんでした。
怒られて疲れたのかな?
その間、吠える犬に向かって怒鳴って棒を振り回す飼い主。
本当に今までも現場の子の為。と思って我慢してきていましたが、
この姿を見た時は怒りでいっぱいになったし
本当に愛情なんてない人なんだな。と心から思いました。

自分が間違った飼い方をしていない。と思うなら
堂々としていればいいと思うし、
間違っていない。と思い苦情を言った方が悪いと思うのであれば、
吠える犬を黙らせる為に棒を振り回す行為なんてする必要はないと思います。
自分が愛情があるから、煩悩があるから、最後まで飼う。
手放したくない。里子に出さない。
と私に対して怒鳴るぐらい、振り払うぐらいの愛情があるのであれば、
何で吠えるから。黙らせる為、と
煩悩があるという犬に対して棒を使って
怖がらせて黙らせようとするのか全く分かりません。

また前回の現場訪問の際に日記には書きませんでしたが、
ご主人さんは、ラッシーに向って長い針金を顔の前に
【ほら!!】と言って突き出して怖がらせていました。
ラッシーは、怖がって腰を半分抜かした状態で逃げていたのに
まだ笑って見せていました。
この時は、本当に頭にきて
【何しているんですか?怖がっているじゃないですか!!】
とご主人さんに怒鳴りそうになりましたが
ここで喧嘩したら通えなくなる。と、
怒りを必死で堪えて何も言いませんでした。
この人は、遊んでいるのかも知れないけれど、
その姿を見て怖がっている様子を見せる犬に対して
何とも思わないのかと思います。

犬猫のご飯を与えた後に飼い主さんとお話をしたんですが、
行政の方が見えて苦情がきている。という事で、
顔も真っ赤にして、それはそれはカンカンに怒り狂っていました。

そして周辺と言ってもそんな近くに家はないのですが、
わざわざその家まで足を運び、
【役場に苦情を言ったか?】と聞きに行き
終いにはご主人さんが役場に電話をして担当の方に怒鳴り謝らせた。
と自分達が悪い事をしていない。という事を必死に怒りながら演説。

私達は、変な飼い方をしていない。
誰が言ったのだろうか?
そんなひどい事を言う人には、罰が当たれ!!

から始まって

近くと言っても近距離じゃない家で犬を飼っている方がいるんですが、
そこの家は、動物虐待をしている。
犬にご飯をこれぐらいしか与えない。
と身振り手振りを加えながら感情的に言葉を口走っていました。

それは、それは、すごい怒っていて
私も、りょうちゃんも2人で
飼い主さんの、この話をずっと聞かされながら
顔では笑って、気にする事ないですよ。
何かあったら、いつでも相談して下さいね。と言っておきました。

本当に、この間、表向き・自分の感情。
ストレスがすごくて頭では全然違う事を考えながら
表向きは親身になって話を聞いていたので疲れました。

そして話をしていると以前、カンパ金で避妊した
【チャッピーが、さっき死んだ。】と言いました。
話を聞くと自宅に戻ってから、よだれをダラダラたらして
息を引き取ったとの事。
農薬か何か口にしたのかも知れない。と色々話して
他の外猫も気をつけて下さい。と話しました。

チャッピーの事で家族皆、悲しんで泣いている。
今、お家でお別れをしている。
と、口にしていましたが玄関先のダンボールに新聞紙に包まれ
置かれたいたのは、支援フードでもなく、ゴミでもなく、
チャッピーの亡骸でした。

チャッピーの死の事を聞き、自宅でお別れをしている。
と言っていたので玄関前に置かれたダンボールの中に
まさかチャッピーが入っているとは思っていませんでしたが、
この後、ダンボール箱を使う事があって
その時に、外に置かれたダンボールの中にチャッピーの亡骸が
入っている事を知りました。
思う事は、たくさんありますが思い出しながら書いても
嫌な気持ち感情しか湧いてきませんので書きません。

チャッピーの死と役場の方の事で、飼い主さんの興奮と
赤ら顔はおさまらず、今日、予定していた猫の避妊の話は、
とてもじゃないけど言える雰囲気じゃない。と思い、
飼い主さんの興奮の演説の間も
頭の中は、猫の避妊の話を切り出す事でいっぱいでした。

断られる。 了解してくれる。
答えは2つ。

思い切って飼い主さんに
【猫がたくさんいて大変でしょう。】と避妊の話を持ち出し
りょうちゃんが後から、サポート。
2人で飼い主さんの言い分を聞ききながら
【私達も協力しますから一緒に頑張って
増やさないように避妊のお金を払っていきましょう。】
と表向きは、折半という形で毎月5千円ずつ、私が集金する。
って形で承諾を得る事が出来ました。

話を徐々に聞いていくと、今回、出産した猫は5匹。
その猫だけを避妊させたいのか?
やたら、その5匹。5匹。と口にしていましたが
出産したばかりの猫は避妊できない。というアドバイスを頂いたので
【今は、その猫は手術出来ないので他の子から先に手術しましょう。】
と言っても、
【何で出来ないのか?】などと出産した猫だけが、
また子猫を産むのでは?という意識があるのか?
やたら産後の猫5匹に拘っていました。

【産後の猫を避妊手術してくれる病院はありません。】と言って
【産後の子は、後にして、今いる♀猫の手術を先にしましょう。
室内に♀猫いますよね?早くしないと子猫がまた生まれますよ。
その子達から先にしましょう。】

と言うと、たくさん避妊をするとお金がかかるので嫌なのか?
【♂だけ虚勢をすれば増えないから、、】
と言い出し、中々室内から♀猫を出してくれず
りょうちゃんと2人で
【いや、もう今日出来る子は♂♀全部しましょう。連れてきて下さい。】

 外にいた♂猫 2匹 (黒猫・茶トラ猫=レオ)

 室内にいた♂猫 1匹 (しんちゃん)

 室内にいた♀猫 6匹

CIMG0915-3.jpg

写りが悪くてすみません。2匹とも♀猫です。

CIMG0916-3.jpg

2匹とも♀猫です。

CIMG0914-3.jpg

慌てて撮影したので気が付かなかった(T0T)
顔が分かりにくいと思いますが、2匹とも♀猫です。
1匹は、目の切開手術をした、ももちゃんです。
もう1匹は初めて見ましたが、目に障害がありました。

動物病院に預ける前に動物病院駐車場にて撮影しました。

CIMG0911-3.jpg

外で飼ってにいる♂

CIMG0912-3.jpg

室内にいる♂ しんちゃん

CIMG0913-3.jpg

外で飼ってにいる♂ レオ


今回、捕獲出来なかった猫  

 外にいるグレー♂猫 1匹(最近、保護された猫)

 室内にいる  ♀猫 1匹
   (何で家の中なのに捕獲できいのか分からない。)

そんなこんなで飼い主さんが全部の猫を引き出してくれたは
分かりませんが、見せてくれないのでどうする事も出来ず
大まかな猫の数を把握し、今回、9匹を連れて動物病院へ。

りょうちゃんと2人で用意していたキャリーケース3つ。
1つのキャリーケースは1匹しか入らず、レオを入れ
残る2つのケースに2匹ずつ入れました。
でも、4匹入れられる箱もなく、ダンボール箱もない。

飼い主さんが持ってきたのは、大きなたらい。
それに残る2匹の猫を入れ、上からタオルケットをかぶし
ロープでサイドを縛りました。

でも、猫が窒息しないか?心配で心配でたまらない中、
車を出すと早くもたらいから猫脱走。
慌てて車を止め、後部座席に移りたらいの中から
猫が出ないように悪戦苦闘。

近くに店も全くなく、やっと見つけた店で
りょうちゃんがダンボール箱をもらい2匹、2匹入れました。
車を走らせていると、また箱から脱走。
高速に乗るので、このままでいけないと
また店を探してガムテープ購入し、箱の上部分だけ止め高速へ。
しかし、横に開いている穴から2匹の猫脱走。

もう高速だったので猫の事は諦め、
そのままにしていたのですが、
猫アレルギーで鼻がムズムズ、、喉がイガイガかいかい。
声がかすれてきながら高速で動物病院へ行きました。

動物病院へ着き、受付の方へ話をすると先生不在。
お話が出来る方に簡単に事情を説明すると
【先生に連絡を取ってくれる。】との事で
多頭飼育の猫を引き受けてくれました。

【先生に相談したい事があるのですが、、】と言うと
【先生にお電話する様に伝えておきます。】と言って下さって
猫9匹を動物病院へ託し、その場を後にしました。

今日の事を振り返り、りょうちゃんと話したんですが、
イボ達は可哀相だけど、
役場の指導がなかったら今回の猫の避妊も接待に出来なかった。
だから、これで良かったのかも知れない。と話しました。

りょうちゃんと別れてから飼い主さんに電話をすると
お子さんが里子に出した子猫の事を気にしていたので
りょうちゃんから教えて頂いている猫の様子を伝え
【写真のハガキを出しますね。何か心配だったらいつでも電話下さい。】
と伝えると安心していて上機嫌でした。

それから、動物病院の先生からお電話を頂いたので先生に
前回の治療費の分割のお礼・ご協力のお礼を伝えて
今回の猫の避妊・虚勢の御願い
治療費の分割の御願い

そして今までの経緯を話し、
【飼い主さんは、先生が治療費を安くして下さっているのは知っていますが、金額は知りません。今までご存知の様に治療費は飼い主さんが払う。と言っても1回、5千円払ってくれただけで後はカンパなどで集めたお金で払ってきました。このままだと一生、変わりません。
飼い主さんには、協力する。って事で避妊の了解を得ましたが、
私も、これ以上は背負いきれないので先生にご協力頂き安くしてもらった治療費を
例えば、避妊手術 10.000円 
飼い主さんの表向きでは、1.5000円
オスの虚勢 7.000円
表向きでは、12,000円という形で
請求して頂けませんでしょうか?
そうすれば、飼い主さんの払う分の額が増え、
こちらの負担が減ります。
分割でしか払えませんが必ずお金は責任を持ってお支払いしますので
先生ご協力頂けませんでしょうか?】

と話すと了解して下さいました。

そして、
【また現場に戻したら病気にも感染する機会も増えると思うし
そうなった時に病気の子が出たら、
また、くまさんの負担が増えるのでワクチンも摂取した方が良い。】
とアドバイスを下さいました。

ご協力価格は、

♀の避妊(ワクチン込み) 12,000円 × 6匹

♂の虚勢(ワクチン込み)  9.000円 × 3匹

      -------------

【合計】          99.000円(税別)
* 風邪を引いている子・少しケガをしている子・ノミがいる子
などがいたので、この金額を上回る可能性はあります。

先生とお迎えの話もして
月曜日に飼い主さんに迎えに行ってもらう事になり
室内猫なので、抜糸は10日後という事になりました。

明日、飼い主さんへお電話します。

さて、今回、把握した猫の数。

 虚勢:外にいた♂猫 2匹 (黒猫・茶トラ猫=レオ)

 虚勢:室内にいた♂猫 1匹 (しんちゃん)

 避妊:室内にいた♀猫 6匹

 未虚勢:外にいるグレー♂猫 1匹
        * 最近、保護された猫

 未避妊:室内にいる  ♀猫 1匹
  *何で室内飼いで自宅にいるのに捕獲できいのか分からない。

 未避妊:外・室内にいる 産後猫 5匹


 未避妊・虚勢:室内にいる子猫    6匹

 未避妊・強制:現在餌付け中子猫   4匹

次は、犬・そして残りの猫の避妊・虚勢も済ませます。
ただ、今回、この猫の避妊・虚勢に関しては
飼い主さんの同意の元です行われましたが、
役場に怒鳴るご主人さんは仕事で不在。
ご主人さんの同意は得ていません。

私の事を嫌っているので(好かれたいとも思いません。)
今回の事で次の段階に進むときに、
このご主人さんの反対があるかも知れません。

また今まで現場へ通い、この家族を見てきて私が言える事は
今日の現場訪問の際に
【犬に餌を与えるな!!】と指示したのも100%
絶対にご主人さんだと思います。

きっと役場からの苦情がきたのは、
私達が現場へ来てご飯を毎回与えるから犬が吠えるから苦情がきた。
という解釈だと思います。
犬が吠えるの事を私達がご飯をあげるからだ。
と、人のせいにして自分達は何も悪くない。と言い張る。
我慢にも限界があります。
スポンサーサイト
★ なつちゃん家族募集 ★

くま

Author:くま
なつちゃん家族募集中

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
** 家族募集中 **
【迷子 捜索中】
【いつでも里親募集】
カテゴリー
リンク
ブログ検索
最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。